自由研究のテーマが決まったらやる行動

小学生夏休みの自由研究ネタ帳

結果の予想をしてみる

読了までの目安時間:約 3分

 

自由研究のテーマが決まったら、まずは研究することの結果の予想を立ててみましょう。想像力も働きますし、考える力も身につきます。最初から結果がわかっているとつまらないので自分の知らないことをテーマにするのが一応、基本ですwww

 

予想通りの結果も面白いですし、予想と反した結果になっても新しい知識や学びが増えます。

 

意外性のある結果は子供の考える力を伸ばしくれますよね。そして新しい発見に繋がる可能性もでてきます。

 

計画を立てる

予想の次は研究をしていく工程の計画をイメージ&形にしていきましょう。簡単な研究の場合は頭でもイメージができます。

難しい場合にはノートなどを使って工程を記入してみると頭の中がクリアになってきます。

 

工程が決まったら必要な材料や資料を集めていきます。この必要な材料というのははじめからある程度まとめておいた方が後からコレがない。アレがない。なんて騒ぎにならなくてすみます。しっかりと工程表を作って必要な材料を出し尽くしましょう。

 

わからないことがあれば図書館

研究をしているとわからないことや、動物の生態などについても興味をもつこともあるでしょう。その場合には近くに図書館があれば行って、専門書を読んで理解を深めることをお勧めします。より知識が深くなりますし、最初にいけば下調べにもなります。

 

図書館にはたくさんの本があるので、どこに置いてあるかわからない場合は図書館の人に聞いたり、親御さんといって探してもらうと良いでしょう。現代ではネットで普及して調べればすぐに結果がわかったりしますが、図書館で自分で見つける楽しさも味わっておくと良いと思います。またネットよりも本の方がより濃厚な情報が記載されているケースもあります。

 

本を読むことは賢くなることの第一歩だと考えいます。下調べや研究のためにちょっとした手間が非常に充実感を味あわせてくれるのです。

 

自由研究のイロハ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る