自由研究のテーマ選び

小学生夏休みの自由研究ネタ帳

自由研究はテーマを選ぶことから

読了までの目安時間:約 2分

 

自由研究というと小学生や中学生の夏休みの宿題の定番です。自由といった名前がつくので研究することはなんでもあり。自分の疑問に思っていることを解決していくと充実した研究成果を出せるようになります。

 

私が思う自由研究の最初の一歩はまず、テーマを選んで決めることです。

 

子供は大人よりも視点や感性も鋭いです。また日頃から不思議と思えることも、しばしばあるのではないでしょうか。この気持ちが自由研究ではすごく大切となります。この不思議と感じたことについて夏休みといった長期休みを活用して時間をかけて、調べていくことが自由研究の始まりでもあります。

 

調べてくると新たに疑問が浮かんできます。こうやってドンドンと新しいことを知って子供は大人になっていくのです。また物事に対して不思議と感じられる人は大人になってこういった気持ちを持ち続けて向上心のある大人に育つ傾向が強いようですよ(^o^)

 

知りたいことをハッキリさせる!

自由研究のテーマを選ぶ上で失敗しやすいのが、「面白そうだから。。。」といった気持ちでテーマを決めることです。これはとっても失敗がしやすいもの。実は面白そうよりもこれが知りたい!といった気持ちの方が長く研究やわかった時の優越感が大きいのです。

 

そして知りたいことであれば、研究もドンドンとはかどる傾向があります。なぜってその秘密を知りたいのですから。これがやがて楽しい気持ちにも変わってきます。

 

ですから自由研究のテーマは色々と回りを見回してみたり、親御さんも助言したりして、子供が知りたいことをテーマに選ぶと有意義な夏休みを送ることができます(^o^)

 

自由研究のイロハ   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る