小学5〜6年生の自由研究 デンプンの実験

小学生夏休みの自由研究ネタ帳

小学校5,6年生にオススメ自由研究【デンプンの実験】

読了までの目安時間:約 3分

 

デンプンを見つけよう!

小学校5.6年生高学年になると、自由研究のテーマも、これまで以上に悩みますよね。

今までやってきたものとかぶったり、友達がやったのだったり…。

子ども自身も、先生に提出した時に恥ずかしくないようなものにしたい。

二学期の授業で発表した時に堂々と発表できるものにしたい。

色々と悩むものだと思います。

私自身も、我が家の子どもたちもそうでした。

そこで、考えついて今までで一番良かった研究を紹介します。

 

私達が日頃から食べている食品には、どんなものにデンプンが含まれているのか?

含まれていないものは何なのか?植物の養分を見つける実験です!

理科の実験ってところがカッコイイですよね(^ー^)

 

やり方は簡単です。

自分が調べたいもの、例えばパンや大根やバナナ、ご飯やおモチお菓子なんかも面白いですね。

自由研究のために買わなくても、お家にあるものや料理の時に少しだけ野菜などの切れ端を残しておくと使えます。

あとは、お肉やお魚などが入っていたトレー。

食器のお皿でも大丈夫です。

そして大事なのは、うがい薬です。必ず「ポビドンヨード」入りのうがい薬を用意してください。

たいていのうがい薬にはポビドンヨードが含まれています。

以上の3点で実験を行います。

 

まずトレーに調べたい食品を並べます。(薄く切った物の方がうまくいきます)

そこに、うがい薬を数滴おとします。(食品にかけてください)

そして、そのトレーの中に水を入れます。(食品が浸るくらいを目安に)

これで完成です。あとは黄色い色のうがい薬が、青色や紫色に変わるか観察してください。

色が変化したら、その食品にデンプンが含まれているのかがわかります。

 

時間も1時間程度で終わりますし、費用もかからないです。

手軽に簡単にでき、理科の実験になるのでオススメです!

 

*うがい薬がついた食品は食べないよう気をつけてください*

 

 

■材料

 調べたい食品

(料理時に余った野菜の切れ端など)

トレー

(ご家庭にあるお皿でも構いません)

 

■費用

うがい薬

ご家庭にない場合でも、数百円で購入できます。

 

■場所

お部屋やお庭など、どこでも。

 

■難易度

簡単

 

 

 

学年別   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

TOPへ戻る